話題の一品

春を待つ紅白の色 高山で花もち市

春を待つ紅白の色 高山で花もち市が始まりました。

高山市問屋町の市公設地方卸売市場で11日から始まり、
鮮やかな紅白のもちをつけた株が 並びました
不況の影響で、生産者が値段の高い大型は売れないとみているためか、
小ぶりなものが多いらしいですよ。価格もお手ごろ価格と言う事でしょうねw
初日は、一般家庭用に人気がある高さ50−80センチの花もちを中心に、
市内の農家16軒が作った大小1700個が並んでいます。
この市に出品された最大の高さ1・5メートルの花もちは
2万円の高値が付いたそうです。




花もち 飛騨田高山花もち市
せりは25日ごろまで毎日続くので 正月用の鉢として
足を運んでみるのもいいですよ
花もちとは、飛騨地方の冬は、特に寒くて雪も多いため、
正月を飾る適当な花も無く、
昔は農家の家は昼でも暗かったことなどもあり、
正月を明るく飾り、子供たちを喜ばせる為などから、
昔の人たちが考え出したのが「飛騨の花もち」です。

飛騨地方の農家では、毎年大晦日が近づいてくる冬のこの時期に
枝振りの良い切り株を雪深い山に入って探します。
小さなものは20cmくらいから、
大きなものは1m以上のものになり
その木株の枝にはつきたての餅を花のように飾り付け、
さらに、紙で作った小判、
ガラスで作った金の玉などを枝に吊り下げ、
お鏡餅を供え、これを「花もち」として
座敷天井下の横柱に取り付け、正月を迎えます。

昔とは姿かたちが変わってきているそうですが
この素朴な華やかさに心が和みますね
花もちで飛騨高山の雰囲気を味わってみませんか

[引用元:Yahoo[岐阜(中日新聞)]] マークジェイコブスバック メンズヘアスタイル あがり症対策

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

エンタの取ってだし
カテゴリ
DVD今これ
タグクラウド
RSSリーダーに登録
<% content.header -%>

livedoor Readerに登録

My Yahoo!に追加

Add to Google

はてなRSSに追加

<% loop:list_link -%> <% /if %><% content_link.title %>
<% /loop -%> <% content.footer -%>
RDF Site Summary
RSS 2.0
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。